絵画  lyric/music : 中田‪凱也‬

独り言が 

湯気に紛れて 

一日の私を 

誤魔化している 

 

跳ね返った音は 

角ばった形のまま 

私の中にこうして 

閉じこもるんだ 

 

嗚呼 

揺れ動く言葉が心につけた傷が 

色をつけて重なり合っていき 

絵画になった 

 

消えることはないから 

直ろうと、直ろうと 

絵は重たくなった 

疲れるな 

 

嗚呼 

揺れ動く言葉が心につけた傷が 

鮮やかに重なり合っていく 

 

時間が滲ませる色は 

心で混ざり続けて 

底のない黒が一面に広がる 

絵画になるの 

 

まあどうでもいいや