歪曲した青い丸  lyric/music : 中田‪凱也‬

重力なんてものがあるから 

自ら命を投げることができるの 

 

染まって行った 

流れ行く朱のように 

無数の同じ品番のノートを 

閉じて重ねた 

それが世界となって 

私はそこに立った 

60億が笑ったものは 

些事の作品 

 

ベールが覆う 未知の幸 

黒い黒い 

毒しい独立独歩 

ベールを破く そのために 

芽吹く命 

生まれた日見た地球は ただの丸 

 

「ここに立つと作品全てが歪んで見えるわ。」 

「あの模様、人の形に見える。逆さにしても裏返しても人の形。 

斜めにしたら仁愛の形にでもなるのかな。」 

「そうね。私にもそう見えるわ。けれど、背表紙には同じ青が並んでいるのね。」 

「ねぇ何を書いているの?」 

「うまく書けないよ。」 

「なら作品名はそうね。」 

「そうだね。」 

 

ベールが包む この星に 

誰一人気付かなく 

近しい常識に埋もる 

ベールが覆う 未知の幸 

黒い黒い 

毒しい独立独歩 

ベールを破く そのために 

芽吹く命 

生まれた日見た地球は ただの丸 

 

重力なんてものがあるから 

人は見えない何かに縋り付いて祈るの