雨を避けたい  lyric/music : 中田‪凱也‬

平凡が屋根に降って 

止まないガラスの向こうを見やる 

今日もそんなところで 

何しているの 風邪を引くよ 

 

表面上だけの 

安寧が煩わしいから 

そっと耳を塞ぐと 

雨があなたを避けた 

 

刹那 

梅雨が明けた気がしたんだ 

振り向かない 

あなたは魔法みたいに 

傘を閉じた 

傘を閉じた 

 

電線に切られた空を 

剥がしても 

夏の空は出てこなくて 

余計 曖昧になる 

そんな気も知らずに 

長い黒髪は 

雨に靡いている 

 

私は梅雨を忘れたい 

あなたが映る景色を細めても 

ただ鮮明に見えるだけなんだ 

 

刹那 

梅雨が明けた気がしたんだ 

振り返らない 

あなたは魔法みたいに 

傘を閉じた 

傘を閉じた